葬儀の後のお墓探し

お墓を探すときのポイント

お墓を探すときのポイントの写真

宗教・宗派

霊園・墓地によっては、特定の宗教・宗派を受け入れていない場合があります。また、特定の宗教・宗派を受け入れている霊園・墓地もあります。事前にご確認ください。また、現在自分がどのような宗旨・宗派に属しているのか、後継者を含めて今後どうしていきたいのかを考えておくとよいでしょう。

お墓探しでわからないことがあれば、葬儀を調布市で行なっている葬儀社グランドセレモニーに聞くのがおすすめ。葬儀のことからお墓探しまで親切丁寧にサポートしてくれます。

お墓の種類

一昔前までは、伝統的なお墓を建てるのが一般的でしたが、現在では様々な種類のお墓があります。主なお墓の種類としては、一般的なお墓、納骨堂、樹木葬、永代供養墓などがあります。お墓の種類は、どれが一番良いというものではありません。故人をどのように弔いたいのか、誰がお墓を受け継ぐのか、お墓の予算はどのくらいあるのかなどを考えて、どのタイプのお墓が良いのかを決めることが大切です。お墓は一度建てると、代々受け継がれていきます。しかし、運営主体の予算が不足していると、お墓の管理が十分にできなくなる可能性があります。そのため、運営主体を選ぶ際には、お墓の将来性や永続性をよく見極めることが大切です。また、寺院墓地を選択した場合、お寺での法要が必要になります。長いお付き合いになることを考えると、住職の人柄もお墓選びの重要なポイントになります。

立地とアクセス

お墓を選ぶ際には、お墓を預かる人との距離が近い場所を選ぶことが大切です。それは、お墓参りや掃除がしやすいからです。これはとても重要な要素です。元気なときは気にならなくても、足腰が弱くなったり、車の運転ができなくなったりすると、お墓参りが大きな負担になります。お盆やお彼岸の時期には、できるだけ頻繁にお墓参りをしたほうがいいのは言うまでもありません。そのためには、墓地へのアクセスを良くしておくことが大切です。現在、車を運転していない人でも、状況が変わったときのために、駐車場の広さなどを確認しておくとよいでしょう。

価格と費用

お墓にかかる費用は一概には言えません。というのも、お墓の価格は、墓地のエリアや使用する石材の量、建てる場所によって大きく変わるからです。お墓を建てる際には、主に「永代使用料」「管理料」「墓石代」の3つの費用がかかります。特に「永代使用料」と「墓石代」はかなり高額になりますので、実際にお墓を購入する前によく確認しておく必要があります。また、供養のための彫刻費用なども考慮に入れておくことが大切です。

お墓の環境

お墓は屋外の自然の中にあります。なるべく日当たりや水はけなどを考慮することが大切です。いろいろな天候の中で墓参するのも良いですが、周りのお墓の状態を観察することも大切です。また、あまり神経質になりすぎないことも大切です。また、墓地・墓所(区画・墓域)内の環境だけでなく、周囲の環境を確認することも大切です。山や川、海などの自然の風景は心を癒してくれます。また、お墓参りの後に立ち寄れるスポットがあれば、家族や親戚との時間を大切にすることができます。

施設・設備

古い施設やお寺では、求めている設備が整っていない場合があるので注意が必要です。一般的に、ほとんどの墓地には水道が完備されていますが、中にはまだ井戸で水を汲んでいるところもあります。墓地や霊園ごとに設備は異なります。備えあれば憂いなしということで、必ず事前に確認しておきましょう。

運営・管理

お墓を購入した後は、その霊園と長いお付き合いになります。管理体制がおろそかになってしまうと、お墓は荒れてしまいます。また、定期的に支払う「管理料」は、主に墓地の維持・管理に使われます。特に、新しく建てられた墓地の管理状況を確認することは重要です。新しく建てられた墓地は、当然見た目にも美しいですが、大切なのは時間が経ってもきれいな状態を維持できるかどうかです。霊園によっては、管理事務所や管理人が常駐していないところもあります。また、設備が整っていない墓地もあるので、事前に確認しておくことが大切だ。

葬儀 調布